bg

ワンプライス宣言

ガレージエブリンがワンプライス販売を貫く理由…

それはこの販売形態が一番公平でクリーンだからです。
では価格設定と値引き額について、ある事例を元にご説明したいと思います。
先日、ガレージエブリンのホームページをご覧になられたお客様が来店され、
在庫車両のお見積もりをご請求されました。
諸費用込み金額が5108500円・・値引き8500円で510万円を提示したところ・・
「値引きはこれだけですか???」
と非常に不満げな表情だったので詳しくお話を伺えば、
他店では初回見積もりで値引き額が、なんと20万円だったそうです。
そのあと後追いの電話の一回目でさらに追加値引きが10万円・・・
それでも難色を示し、ガレージエブリンに気になるBMWがあるからと告げると、
なんと二回目の電話でさらに追加値引きが
10万円でトータル40万円も値引きすると言われたそうでした。

「40万円も値引きしてくれるのならそのBMWにすれば?」と涼しい顔で尋ねれば・・
「いや〜最初は嬉しかったけど、そこまで値引きしても売りたいのかと思うと逆に不安で・・」
さらに詳しくお伺いすれば、40万円値引きしたトータルが550万円で当社よりまだ40万円高く、
しかも肝心のBMWはガレージエブリンの在庫車より年式は一年古く、
走行距離は2万キロも多かったのです。

結局そのお客様は当然ながらガレージエブリンのBMWをご契約されました。

ガレージエブリンは値引きをしない・・・・のではなく最初から値引きが出来ないギリギリのプライスを表示しているのです。

40万円も値引きできるのであれば最初からそのプライスを表示するほうがクリーンではないでしょうか?
値引き交渉が苦手で最初のプライスで買われたお客様は損したことになるのではないのでしょうか?
お客様の顔色を見ながら値引き額を変え、駆け引きする営業マンは納車後、誠実に対応してくれるのでしょうか?

値引き交渉は挨拶がわりのような大阪という土地柄ですから、過去数名のお客様は商談の席を途中で立たれました。
しかし創業以来ワンプライスを貫く当社の姿勢はいまや広く認知され、逆にそれが信用となって販売台数の増加につながっています。

定価のない商品は表示されている価格が高いのか安いのか分かり難いものです。
特に輸入中古車は、ボデイカラー、装備、走行距離、年式・・・・の違いにより店頭価格に大きな差が出るので、一般消費者様にとって
提示されているプライスが、「安い」のか「高い」のかは、まず分からないことでしょう。

だからこそ販売店は最初から値引きできない最終価格を表示する義務があるのではないでしょうか?
それが中古商品を購入しようとしているお客様に対しての「誠意」であるとガレージエブリンでは考えます。


全てにおいてクリーンに・・・・・ これがガレージエブリンの経営理念です。

page top